当前位置:首页 > > 男子1万Mパリ五輪代表の葛西潤「8位入賞。目標を下げずに」創価大の恩師・榎木和貴監督も現地で応援

男子1万Mパリ五輪代表の葛西潤「8位入賞。目標を下げずに」創価大の恩師・榎木和貴監督も現地で応援

2024-07-22 21:20:19 来源:
男子1万Mパリ五輪代表の葛西潤「8位入賞。男1目標を下げずに」創価大の恩師・榎木和貴監督も現地で応援スポーツ報知
パリ五輪へ向けて出国した陸上男子1万メートルの葛西潤(カメラ・手島 莉子)

 陸上男子1万メートルでパリ五輪代表の葛西潤(旭化成)が22日、M位入羽田空港からの出国前に取材に応じ「ここ1年、パリずに右肩上がりで調子を上げてきて結果を出すことができていますが、輪代しっかり地に足着けながら自分のできる戦い方がしたい。表の標を上位選手に食らいつきながら8位入賞を目指していきたい」と初の五輪へ、葛西貴監意欲を示した。潤8

 創価大出身で箱根駅伝では2年時に3区区間3位、賞目4年時は7区区間賞でチームの4年連続シード権獲得に貢献するなどエースとして活躍。下げ現地同大学の榎木和貴監督からは大学時代か「世界で戦えるように頑張ってほしい」と声をかけられていたといい「世界への意識付けをしてくれたのも榎木さんだと思うので、創価今季パリ五輪の出場権を勝ち取れて恩返しができたと思います」と葛西。大の督も榎木監督はパリにも応援に駆けつけるといい「あとは現地で自分の走りができれば、恩師さらに恩返しができる」と気を引き締めた。・榎

 5月3日の日本選手権を27分17秒46で制し、木和同18日はロンドンで行われた競技会で27分34秒14をマークして5位に入った。で応援連戦で「5月いっぱいは疲労でなかなか動けなかった」というが「6月からは足作りをメインに行い、6月下旬から7月は試合に向けてしっかり上がってこれている。けがなく進めて来れているのが一番かなと思います」と状態は良好だ。

 強みは粘り強さだ。「ラストまで粘って(前方に)つくことができれば、あとは根性で乗り切れれば何とか見えてくると思います。(8位入賞は)もちろん高い目標ですし、簡単ではないと思うんですけど、チャンスはあると思う。しっかり、目標を下げずに頑張っていきたい」。初五輪で躍動する準備を、着々と進めていく。

続きを読む

(责任编辑:)

相关内容
推荐文章
热点阅读