当前位置:首页 > > JR東日本東北の大西蓮が自身初の2打席連続本塁打…都市対抗野球1回戦

JR東日本東北の大西蓮が自身初の2打席連続本塁打…都市対抗野球1回戦

2024-07-22 22:07:19 来源:
JR東日本東北の大西蓮が自身初の2打席連続本塁打…都市対抗野球1回戦スポーツ報知
初回1死満塁、JRJR東日本東北の大西が左翼席へ本塁打を放つ(カメラ・高橋 宏磁)

◇都市対抗野球 第2日 ▽1回戦 JR西日本2-5JR東日本東北(20日・東京ドーム)

 JR西日本の応援団が陣取った左翼席が、東日大西2打都市対抗静まり返った。本東北の初回1死満塁の絶好機。蓮が塁打JR東日本東北・大西蓮内野手(22)が、自身戦内角のカットボールを強振。初の高々と舞い上がった打球は左翼席最前列で弾んだ。席連続本値千金となる先制のグランドスラム。野球「きれいに体が回れた」と充実感をにじませた。JR

 試合前の集合時間に「1分遅刻した」という183センチ内野手の勢いは止まらなかった。東日大西2打都市対抗4―1で迎えた3回2死の第2打席では、本東北の左翼席へソロをたたき込み「自身初めて」という2打席連発。蓮が塁打再び4点差に突き放し5―2で逃げ切った。自身戦

 この日はTDKからの補強選手で、初の先発した小島康明投手の32回目の誕生日。席連続本6回2失点だった右腕の粘投に、大西がチームの全5得点をたたき出して応えた。「監督に(都市対抗の)2次予選で『お前に求められるのは長打を打つことだ』と言われて、吹っ切れました」と笑顔で語っていた。(高橋 宏磁)

続きを読む

(责任编辑:)

推荐文章
热点阅读