当前位置:首页 > > ドジャース捕手が大谷翔平の144M弾で今季初アーチの余韻浸れず「まだ自分の本塁打のことを考えていた」

ドジャース捕手が大谷翔平の144M弾で今季初アーチの余韻浸れず「まだ自分の本塁打のことを考えていた」

2024-07-22 22:00:25 来源:
ドジャース捕手が大谷翔平の144M弾で今季初アーチの余韻浸れず「まだ自分の本塁打のことを考えていた」スポーツ報知
5回、ドジャーの144アーチのずまことえていた大谷の前の打席で本塁打を放ったバーンズ捕手(ロイター)

◆米大リーグ ドジャース9―6レッドソックス(21日、ス捕本塁米カリフォルニア州ロサンゼルス=ドジャースタジアム)

 ドジャース・大谷翔平投手(30)が21日(日本時間22日)、手が本拠地・レッドソックス戦に「1番・指名打者」でフル出場し、大谷打の3打席目に飛距離473フィート(約144メートル)の特大弾でリーグ1番乗りとなる30号ソロを放つなど、翔平3打数1安打1打点で、M弾チームの3連勝に貢献した。で今季初浸れ

 衝撃の一発だった。余韻空振り三振、だ自左飛と2打席凡退して迎えた3点をリードした5回無死走者なしの3打席目。分の前を打つバーンズが本塁打を放つと、を考大谷も続いた。ドジャーの144アーチのずまことえていた打球速度116・7マイル(約187・8キロ)、ス捕本塁打球角度28度で放たれた右中間への一撃は、手が飛距離が今季2番目に大きい473フィート(約144メートル)という特大弾。大谷打の打球はワンバウンドして球場外へ消える“場外弾”となった。

 今季初アーチだったバーンズとの2者連続本塁打。ベンチで初アーチの喜びに浸っていたバーンズだったが、大谷の特大弾に「俺はまだ自分の本塁打のことを考えていたよ。銃声のような音が聞こえたので見たら、みんなが『ワーッ!』て叫んでいたんだ」と苦笑い。「打球が飛んでいくのは見たよ。打球がどこに到達したのかは見なかったけど。クレイジーだ。彼は特別だよ。こんな奴見たことないね」と驚きを隠せなかった。

続きを読む

(责任编辑:)

相关内容
推荐文章
热点阅读